ページの先頭です

より多くの方に受診していただくために

2010/12/15

前回は『ウロギネコロジーセンター』とはどのようなものかについて説明しました。簡単に復習しますと、泌尿器科(Urology:ウロロジー)と婦人科(Gynecology:ギネコロジー)の境界領域にある病気に関する診療科で、具体的には尿もれ(おしっこがもれる)、頻尿(おしっこがちかい)、膀胱炎(おしっこの後にお腹が痛い)、骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤:ちつから何か下がってくる)などという病気を専門的に治療しています。
泌尿器科と産婦人科の中間にあるウロギネコロジーは、欧米では診療科として確立していますが、日本ではこれまでウロギネコロジーを専門治療とする病院はほとんどありませんでした。当院では、尿もれや骨盤臓器脱で悩む患者さまに専門治療を!と、日本では最も早く2007年5月に草西洋医師のもと本格的な『ウロギネ(コロジー)センター』が開設されました。2010年4月からは私がセンター長の職を引き継ぎ、さらに発展をとげて、今や日本を代表するウロギネコロジーセンターに成長しています。
当科を受診された患者さまのアンケートから「長年症状に悩んでいたが、仕方がないから諦めていた」「どの病院、何科に治療に行けばいいのか分からなかった」という声が頻繁に聞かれます。相談しにくい病気であることや、これらの病気に関する情報が不足していることが明らかになりました。尿もれや骨盤臓器脱などの病気は、専門医により適切な治療が行われればほとんどが治る病気です。しかしながら、情報が不足しているために多くの患者さまが適切な治療を受けられていないというのが現状です。そこで、ウロギネコロジーセンターのスタッフ一同、啓発にも力をいれています。またの機会にお話しますが、無料電話相談なども行っています。
『ウロギネコロジーセンター』は亀田クリニック2階の産婦人科外来の中にあり、女性が安心して受診できるようになっています。受診日は火曜日の午後と土曜日の午前・午後です。詳しくは予約センター(TEL:04-7099-1111)でご確認ください。

当科は房総のみならず、首都圏や、東北、九州など遠方から受診を希望される方が多くいらっしゃいます。そのような場合に、幕張にある亀田総合病院附属 幕張クリニックがおすすめです。東京駅から最寄りの海浜幕張駅まで快速で約30分、羽田空港からも1時間以内でお越しになられます。幕張クリニックでも本院のウロギネコロジーセンターの専門医師が鴨川から出張しており、本院と同様の外来が受診できます。幕張クリニックは完全予約診療制ですので、婦人科外来で予約をお願いいたします。

女性のシモのことでお悩みの方、ぜひ一度ウロギネコロジーセンターにご相談ください。また同じようなことでお悩みの方をご存じでしたら受診を勧めてあげてください。悩みを解決するためには、一歩踏み出す勇気が大切です。

ウロギネコロジーセンター長 野村昌良

ウロギネ外来(骨盤臓器脱・女性尿もれ外来)のご案内

医療法人鉄蕉会 医療ポータルサイトについて

本サイトは、 医療法人鉄蕉会 が運営しております。